ハチ駆除を徹底的に行うなら専門業者に依頼|プロに任せよう

女性スタッフ

ねずみの種類別対処法

男女

ねずみ対策グッズの数々

住宅に侵入して食害や糞尿汚染などの被害を与える動物として、昔からねずみが最も嫌われてきました。ハムスターのような種類はペットとして人気がありますが、不衛生な野生のねずみには嫌われるだけの理由があるのです。ねずみを放置しておくと汚染や食害ばかりでなく、電気コードを齧られて漏電や火災の原因にもなりかねません。ダニの発生源にもなるねずみ駆除については昔から多くの人が研究に研究を重ねてきた結果、現在に見られるようなねずみ対策グッズの数々が生み出されたのです。ねずみを捕まえる仕掛けとしては昔から籠やとりもちが使われてきましたが、現在ではより強力な粘着式ねずみ捕りが主流となっています。ねずみを殺すための毒餌も、江戸時代に石見銀山の異称で呼ばれたねずみ捕り用の殺鼠剤が古くから知られています。現在では餌だと思わせて食べさせ、時間をかけてねずみを殺す巧妙な毒餌も普及してきました。その他にも忌避スプレーや忌避具など、さまざまなねずみ駆除グッズが市販されています。

被害を与えるのは3種類

日本には27種類のねずみが生息していると言われますが、そのうち住宅に侵入して被害を与えるのはドブネズミ・クマネズミ・ハツカネズミの3種類です。それぞれに異なる習性があるため、種類に応じたねずみ駆除法が必要となります。どの種類のねずみも素人が完全に駆除するのは簡単でありません。市販のねずみ駆除グッズを使うのもいいですが、徹底した駆除にはやはり専門の業者に頼むが一番です。ねずみは種類によって習性が異なりますが、業者はその点をきちんと把握しています。そのため、ねずみの種類や被害状況に合わせた駆除方法を行なっているのです。そのため依頼する際は、現状でどのような被害に遭っているのかを、伝えておくことが大切です。ねずみの種類まで把握しているのなら、それも伝えた方がいいですが、無理にねずみに接触してまで調べる必要はありません。ねずみによっては人間が近づくと警戒して、襲ってくる恐れがあります。業者によっては駆除の前に、自宅に訪問して被害状況を確認しに来てくれるので、そのようなサービスを実施している業者を選ぶといいでしょう。